秘密証書遺言

秘密証書遺言

 

特徴     遺言者が記述(自筆、ワープロ、代筆でも可)し、内容を封筒 にいれ(秘密にして)、遺言の存在のみを、証人二人の立会いのもと、公証人役場で証明してもらう。

 

メリット  内容を秘密にしつつ、遺言書の「存在」を明らかにできる。

遺言書の変造・偽造のおそれは低い

費用が比較的安価

 

デメリット  証人を二人用意しなければならない

遺言書が見つけられないおそれがある

家庭裁判所での検認が必要

内容の審査はされていないので、要件不備で無効となるおそれがある。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。