公正証書遺言

公正証書遺言

特徴     公証役場で、証人二人の立会いのもと作成する

遺言者は遺言内容を口述し、公証人が文書を作成する

 

メリット   原本が公証役場で保管されるので、変造、紛失のおそれはない

無効になる恐れが最も低い

家庭裁判所の検認は不要

 

デメリット  費用がかかる

証人を二人用意しなければならない

証人は、いわゆる他人である必要があります。

推定相続人、遺産を受け取る人、それらの配偶者と直系血族、未成年者は、証人にはなれません(民法974条)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。