遺言作成に必要なもの

自筆証書遺言の場合

・実印(認印でも可)

遺言者自らが作成するので、特別に用意する書類はありませんが、財産を正確に記載・把握するために以下のものがあると、円滑に作成できます。

・不動産=権利証や登記簿謄本
・預貯金=通帳や証書
・相続させる者の戸籍や住民票  など

公正証書遺言の場合

公証人によって多少異なりますが、一般的には以下の書類が必要になります。

 

・遺言書の原案(遺言の内容をまとめたもの)
・遺言者の実印、印鑑証明書
・印鑑登録証明書
・遺言者の運転免許証コピー
・戸籍謄本
・相続人以外への贈与をする場合は、相続させる者の戸籍謄本や受遺者の住民票
・不動産の登記簿謄本と固定資産評価証明書
・証人2名 (相続人、受遺者、及びその親族以外の者)
・証人の住所・氏名・生年月日・職業(運転免許証のコピーが最適)
・遺言執行者(任意)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。