遺言ではできないこと

1.債務(借金など)の分割の指定

特定の相続人に集中させることはできません。

2.身分関係(結婚・離婚・養子縁組など)に関すること
ただし、婚姻外で生まれた子供の認知は遺言によってもできます(この場合、認知届は遺言執行者しかできません。遺言執行者の指定がない場合は家庭裁判所に申し立てて遺言執行者を選任してもらうことになります。)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。