生前行為、遺言のどちらでもできること

1.法定相続人以外への贈与、寄付行為
法定相続人以外への生前の贈与は相続財産に加算されません。但し、遺留分の算定については、相続開始前1年間になされた贈与は加算されるので、遺留分を侵害しないよう注意が必要です。
なお、法定相続人への贈与は、特別受益として相続財産に加算されます。相続税の基礎となる相続財産は、相続開始前3年間の贈与のみが加算されます。

2.認知

3.相続人の排除、または排除の取り消し

4.祭祀承継者の指定
墓や仏具などの承継者を指定することができます。法定相続人以外の人も指定できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。