遺言がない場合の流れ

遺言書がない場合、相続の手続きはどうなるでしょう。

⇒ 原則として法定相続人が法律で決められた割合(法定相続分)で
遺産を相続することになります。

では、法定相続分以外の分け方をしたかったら?

⇒相続人全員で遺産分割協議を行い、 全員一致で遺産の分け方を決定します。                 つまり、法定相続分や遺留分がある場合でも、全員一致であればゼロとすることも
認められます。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。