法定相続割合

相続人が、配偶者と子の場合は、各々2分の1づつ
相続人が、配偶者と父母の場合は、各々3分の2及び3分の1づつ
相続人が、配偶者と兄弟姉妹の場合は、各々4分の3及び4分の1づつ

同一順位の相続人が複数いる場合は、法定相続割合をその複数人数分で割ります。

たとえば、相続人が配偶者と子3人の場合、
配偶者の法定相続分  2分の1
子の法定相続分    2分の1(子の法定相続分)÷3(子の人数)=6分の1

相 続 人 法 定 相 続 割 合
配偶者 父母 兄弟姉妹
配偶者と子 1/2 1/2
配偶者と父母 2/3 1/3
配偶者と兄弟姉妹 3/4 1/4
配偶者のみ 1
子のみ 1
父母のみ 1
兄弟姉妹のみ 1
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。