法定相続について

法定相続割合とは……民法が定める法定相続人が受け取る遺産の割合で、法(民法)が定める割合です

法定相続人とは、民法で定められている相続する権利がある人をいいます

法定相続人には、順位があります。

法定相続人の順位

まず、配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人になります。
配偶者ともに、もしくは配偶者がいない場合、以下の順位で相続人が決まります。

順位 法定相続人
第1位 子、
又は子がすでに死亡している場合は 直系卑属(孫、ひ孫) 原則:胎児、養子、非嫡出子を含む











第2位 (第一順位の子がいない場合に限る) 父母、
又は父母が死亡している場合は祖父母(直系尊属)
第3位 (第一順位の子、第二順位の父母がいない場合に限る) 兄弟姉妹
又は兄弟姉妹が死亡している場合は、その子(その孫は含まない)

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。