遺留分の割合

 

相続人が誰になるかで、遺留分の割合は異なります。

直系尊属のみが相続人となるときは法定相続割合の3分の1、その他の場合は法定相続割合の2分の1とされています(民法1028条)。ただし、兄弟姉妹には遺留分の権利はありません。

 

具体的な遺留分の割合は、次の通りになります。

子と配偶者が相続人・・・・・子が4分の1、配偶者が4分の1

※配偶者が死亡している場合は子が2分の1。

 

父母と配偶者が相続人・・・・配偶者が3分の1、父母が6分の1。

※配偶者が死亡している場合は父母が3分の1。

 

配偶者のみ・・・・・・・・・2分の1

 

兄弟姉妹と配偶者が相続人・・配偶者が2分の1、兄弟姉妹は遺留分なし。

 

兄弟姉妹には、遺留分がないので、遺言によって遺産を与えないようにすることも可能です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。