遺言と相続

「相続は、死亡によって開始する」(民法882条)

 

人は誰しも死を避けられない以上、 相続は誰にでも訪れる問題です。

財産の過多は関係ありません。借金などのマイナスの財産も相続の対象となります。

相続をめぐる規律(おもに民法)と 相続に関するトラブルを回避するための手段としての遺言について わかりやすく解説します。